木村峻郎弁護士が厳選!重要判例100選:

木村峻郎弁護士が厳選!重要判例100選(法律学習用)「身元保証、期間(労働法)28」(テスト)

(テスト)
木村 峻郎 先生が厳選!-重要判例100選!-労働法28
法律監修:アイランド新宿法律事務所(代表弁護士 木村 峻郎)

身元保証について

保証期間を定めないとき
判例=保証契約後相当期間を経過した場合において解約予告期間を設けることを要件として、保証人は解約権を行使することができる。
※従業員の資産状況が著しく悪化し、保証債務の額が契約当時予想しなかった金額に及ぶ可能性を生ずるに至った場合や、保証人の従業員に対する信頼が害されるに至った場合には、事情変更の一場合として、告知期間を要せずに解約権を有すると解されている。

<参考>
保証期間(身元保証法第2条)

身元保証契約の期間は「5年」を超えることはできない。もしこれより長い期間を定めたときは、これを5年に短縮する。
身元保証契約は、これを更新することができる。但し、その期間は、更新のときより5年を超えることはできない。

以上

木村 峻郎 先生が厳選!-重要判例100選!-労働法28
法律監修:アイランド新宿法律事務所(代表弁護士 木村 峻郎)

木村 峻郎 先生が厳選した重要判例100選!「判例」一覧へ:

木村 峻郎 先生が厳選した重要判例100選!:へ