木村峻郎弁護士が厳選!重要判例100選:

木村峻郎弁護士が厳選!重要判例100選(法律学習用)「生命保険契約、土地の使用貸借権(民法)18」(テスト)

(テスト)
木村峻郎先生が厳選!-重要判例100選!-民法より18
法律監修:アイランド新宿法律事務所(代表弁護士木村峻郎)

生命保険契約について

被相続人甲が生命保険会社と契約し、生命保険金の受取人は「介護に努めた長男Aとする」という内容にする。なお、生命保険につき裁判所は税務署と異なり相続財産ではないとしている。

生計の資本の具体例

<肯定例>
① 被相続人Aの遺産である土地を、その息子Bがアパート経営のために無償で使用していたという事案。Bは被相続人からアパート経営のため、遺産である土地の使用貸借権をAから生前に与えられていた。この使用貸借権の贈与は「生計の資本」に当たるとされた。

<肯定例>
② 被相続人Aは、建築会社Bの代表取締役であり、Cから建物の改築を頼まれた。そこで、AはB社に200万円で建設をさせたが、Cは40万円しか払わず、残りの160万円はAが B社に支払ったという事案。
この場合、CはAから生計の資本として160万円の特別受益があるとされた。

<肯定例>
③ 被相続人Aは、Bに対して約2年の間に「毎月2万円から 25万円の送金をしていた」という事案。
遺産の総額やAの収入状況にもよるが、通常の会社員であれば「1月に10万円」を超える送金は生計資本としての贈与であるとされた。

以上
木村峻郎先生が厳選!-重要判例100選!-民法より18
法律監修:アイランド新宿法律事務所(代表弁護士木村峻郎)

木村 峻郎 先生が厳選した重要判例100選!「判例」一覧へ:

木村 峻郎 先生が厳選した重要判例100選!:へ