木村峻郎弁護士が厳選!重要判例100選:

木村峻郎弁護士が厳選!重要判例100選(法律学習用)「他の共同不法行為者への求償権(民法)17」(テスト)

(テスト)
木村峻郎先生が厳選!-重要判例100選!-民法より17
法律監修 アイランド新宿法律事務所(代表弁護士木村峻郎)

不真正連帯債務の効果

「各自が連帯してその損害を賠償する責任を負う」の意義~責任の性質
不真正連帯債務(裁判昭57.3.4)
∵① 被害者保護という719条の趣旨
 ②共同不法行為者間に主観的結合関係はない。

他の共同不法行為者に求償できるか

自己の負担部分を超えて支払った場合には、他の共同不法行為者に求償できる
(最判平3.10.25)
∵①不真正連帯債務と解すると、負担部分がないことから求償は否定されそうだが、それでは損害の公平な分担という理念に反する②客観的な結果発生の寄与度に応じて、各不法行為者の負担割合を認定できる。

木村峻郎先生が厳選!-重要判例100選!-民法より17
法律監修:アイランド新宿法律事務所(代表弁護士木村峻郎)

木村 峻郎 先生が厳選した重要判例100選!「判例」一覧へ:

木村 峻郎 先生が厳選した重要判例100選!:へ