木村峻郎弁護士が厳選!重要判例100選:

木村峻郎弁護士が厳選!重要判例100選(法律学習用)「パワハラワードの具体例、上司の部下に対する暴言(労働法)8」(テスト)

(テスト)
木村峻郎先生が厳選!重要判例100選!-労働法より-8
法律監修:アイランド新宿法律事務所(代表弁護士木村峻郎)

「具体例」その他のパワハラワードの具体例=上司の部下に対する暴言

「存在が目障りだ。いるだけでみんなが迷惑している」
「こんな間違いをするやつは死んでしまえ」
「お前のカミさんの気がしれん。お願いだから消えてくれ」
「お前は会社を食い物にしている。給料泥棒!」 etc.

私的なことについて上司が過度に立ち入ることがパワハラとされた例

労働者の私的な事柄は労働者自身が決めるものであることから、使用者の許される裁量は原則として狭く解されている。

以上

木村 峻郎 先生が厳選した重要判例100選!「判例」一覧へ:

木村 峻郎 先生が厳選した重要判例100選!:へ