木村峻郎弁護士が厳選!重要判例100選:

木村峻郎弁護士が厳選!重要判例100選(法律学習用)「パワハラ行為になるとして損害賠償責任が認められた判例(労働法)7」(テスト)

(テスト)
木村 峻郎先生が厳選!重要判例100選-7労働法より
法律監修:アイランド新宿法律事務所(代表弁護士木村 峻郎)

「パワハラ行為になる」として損害賠償責任が認められた判決例-3

⑥ 英文翻訳の経験のない者に対し、業務上の必要性の認められない英文翻訳業務をさせた行為
(東京地方裁判所判決)

⑦ 退職勧奨を拒否した開発部長を、経験や経歴と関係のない単純労働業務に配置転換したこと
(大阪地方裁判所判決)

⑧ バス運転手の接触事故を理由として、炎天下の中で約1ヶ月間除草作業を命じたこと
(横浜地方裁判所判決)

次回へ続く

木村 峻郎先生が厳選!-重要判例100選-7労働法より
法律監修:アイランド新宿法律事務所(代表弁護士木村 峻郎)

木村 峻郎 先生が厳選した重要判例100選!「判例」一覧へ:

木村 峻郎 先生が厳選した重要判例100選!:へ