木村峻郎弁護士が厳選!重要判例100選:

木村峻郎弁護士が厳選!重要判例100選(法律学習用)「養子縁組、親子関係(民法)4」(テスト)

(テスト)
木村 峻郎 先生が厳選!重要判例100選!民法-4より
法律監修:アイランド新宿法律事務所(代表弁護士 木村 峻郎)

養子縁組において、被相続人と被上告人Dとの間に親子としての精神的なつながりをつくる意思を認めることができる。従って、本件養子縁組が被相続人の遺産に対する上告人Xの相続分を減少して孫の被上告人DEらにこれを取得せしめる意思が被相続人にあると同時に、被相続人と被上告人DEらとの間に真実養親子関係を成立せしめる意思も十分であったと判断している。
(最高裁判所判例)

木村 峻郎 先生が厳選!重要判例100選!民法-4より
法律監修:アイランド新宿法律事務所(代表弁護士 木村 峻郎)

木村 峻郎 先生が厳選した重要判例100選!「判例」一覧へ:

木村 峻郎 先生が厳選した重要判例100選!:へ