木村峻郎弁護士が厳選!重要判例100選:

木村峻郎弁護士が厳選!重要判例100選(法律学習用)「納税者に対する説明義務(税理士の方々へ)15」(テスト)

(テスト)
木村 峻郎 先生が厳選!重要判例100選!-税理士の方々へ-15
法律監修:アイランド新宿法律事務所(代表弁護士木村峻郎)

税理士の納税者に対する説明は、「基本通達に反する確定申告をした場合に、その主張が認められるという印象を与えるものであり、最終的に更生処分が取り消されることなく、更生された本税以外に過少申告加算税、延滞税も支払わなければならない事態となる恐れがあることの説明が十分でなかったというのであるから、債務不履行責任を免れるものではない」とされた事例
(大阪高裁判 平成10・3・13)

木村 峻郎 先生が厳選!重要判例100選!-税理士の方々へ-15
法律監修:アイランド新宿法律事務(代表弁護士木村峻郎)

木村 峻郎 先生が厳選した重要判例100選!「判例」一覧へ:

木村 峻郎 先生が厳選した重要判例100選!:へ