木村峻郎弁護士が厳選!重要判例100選:

木村峻郎弁護士が厳選!重要判例100選(法律学習用)「特別養護老人ホーム、損害賠償請求事件(民法)40」(テスト)

(テスト)
木村 峻郎 先生が厳選!-重要判例100選!-民法40
法律監修:アイランド新宿法律事務所(代表弁護士 木村 峻郎)

【事例】
・特別養護老人ホームのショートステイに入所3日目の男性が朝食直後に意識を失ったが、施設は家族に報告したのみで、救急車による搬送がなされるまでの15分間に特に対応を取らなかった結果、対象者が死亡した。

【問題点】
対象者が食事の際に飲み込みが悪く、口にためこんで時間がかかる者であったことを施設側は認識していた。

【結論】
金2,200万円の支払が命じられた。
(横浜地方裁判所川崎支部平成12年2月23日判決)

※この件では結論は明らかであるが、迅速に対応することが大切である。

以上

木村 峻郎 先生が厳選!-重要判例100選!-民法40
法律監修:アイランド新宿法律事務所(代表弁護士 木村 峻郎)

木村 峻郎 先生が厳選した重要判例100選!「判例」一覧へ:

木村 峻郎 先生が厳選した重要判例100選!:へ