木村峻郎弁護士が厳選!重要判例100選:

木村峻郎弁護士が厳選!重要判例100選(法律学習用)講演会レジェメより「(コンプライアンス)~会計事務所の情報漏洩対策と法律~ 経営の安定化を確保するために①より,情報漏洩の防止」ー情報流出の背景ー

木村 峻郎 弁護士が厳選!重要判例100選-講演会レジェメより
「(コンプライアンス)~会計事務所の情報漏洩対策と法律~ 経営の安定化を確保するために①より」

法律監修:アイランド新宿法律事務所(代表弁護士 木村 峻郎)

「知らないと危ない!!!~会計事務所の情報漏洩対策と法律~経営の安定化を確保するために①」より抜粋

平成22年6月3日
(注)上記日付時点の法令に基づき、作成されております。
アイランド新宿法律事務所
代表弁護士 木村 峻郎

「漏洩防止の必要性」

【現状=毎年500件から1,000件の漏洩問題が発生】

~平成22年5月中に発覚した主な漏洩事件・事故一覧~

ⅰ.NHK札幌放送局の委託先において、個人情報が記載された帳票が盗難被害。

ⅱ.エーザイの従業員が、医師の個人情報が記録された業務用DVDを、外出先で紛失した。

ⅲ.人材派遣業を展開するパナソニックエクセルのスタッフは、派遣スタッフの個人情報含む書類を、従業員が営業活動中にJR駅構内で紛失した。

ⅳ.第一興商のカラオケサービス会員の個人情報の一部が、委託先のサーバーの管理ミスにより外部から閲覧可能となり流出した。

ⅴ.国土交通省近畿地方整備局琵琶湖河川事務所において、メールニュースの誤送信が発生し、登録読者のメールアドレスが流出した。

ⅵ.群馬県介護研修ンターの職員が、個人所有の車を駐車中、車内にあった介護施設利用者の個人情報や業務資料などが保存されたUSBメモリを紛失した。

ⅶ.松山市内の小学校教諭が、自宅へ個人情報を持ち帰った際、小学生に関する成績や写真といった個人情報が、自宅パソコンのファイル共有ソフト(Winny)を通じてインターネット上に流出した。

【情報流出の背景】
ⅰ.Winny(=ファイル共有ソフト)の普及
ⅱ.スモールカード(=SDカード、USBメモリ等)の利用
ⅲ.社会や職員のモラルの低下
ⅳ.情報管理が不十分    etc.

【情報流出の原因】
1.外部からの侵入による流出
ⅰ.第三者の不正アクセス
ⅱ.盗聴          etc.

2.内部からの流出
ⅰ.職員の私的利用による流出
ⅱ.退職時における退職者の不正持出・退職者の依頼を受けた職員の不正持出
ⅲ.送信ミス(特にFAX) etc.

3.その他
ⅰ.車上荒らし
ⅱ.事務所荒らし
ⅲ.委託先からの流出    etc.

【職員Aに対する責任追及】

【事例】
甲会計事務所の職員Aは自宅で業務を行う目的で顧問先の乙・丙・丁の個人情報が記載された帳簿を「停車させた自動車内に残したまま、その場を離れた」ため、その帳簿が盗まれてしまった。

~この場合、甲会計事務所が顧問先の乙・丙・丁に対し、合計1,000万円の損害賠償責任の支払をしたとき、甲会計事務所はAに1,000万円全額を請求をすることができるか。~

【不法行為者Aの民事・刑事の各責任】
ⅰ.Aは乙会社等が被った損害の賠償責任を負担する(民法709条)
ⅱ.個人情報保護法違反により懲役6ヶ月以下の刑(同法56条)
ⅲ.窃盗罪として懲役10年以下の刑(刑法235条)
ⅳ.背任罪として懲役5年以下の刑(刑法第247条)
ⅴ.不正競争防止法違反として懲役10年以下の刑(同法第21条) etc.

【甲会計事務所が賠償責任に応じた際の職員Aに対する求償】
1.甲会計事務所が顧問先の乙・丙・丁からの請求に応じて、損害の賠償をした場合、不法行為を行なった職員Aに対して、求償をすることができる。しかし、Aの過失による場合は、判例は多くの事案で使用者(会計事務所)が被害者に支払をした賠償金の全額の求償までは認めない。具体的な事案によって請求金額は異なるが、使用者が被害者に支払をした金額の約半額程度が「一応の目安」となる。

2.これに対し、職員Aが故意でデータを持ち出すことは前述の如く「犯罪」であり、違法性が高い。そこで、損害金の全額の求償が認められる可能性が高い。

以上

木村峻郎弁護士が厳選!重要判例100選‐講演レジェメより291110-2

木村 峻郎 弁護士厳選!重要判例100選-講演会レジェメより
法律監修:アイランド新宿法律事務所(代表弁護士 木村 峻郎)

木村 峻郎 先生が厳選した重要判例100選!「判例」一覧へ:

木村 峻郎 先生が厳選した重要判例100選!:へ